-ベランダ菜園を始めよう

2009年10月アーカイブ

野菜の高騰が続いていますね。自分で野菜を育てて少しでも家計の足しになれば嬉しいですね。


マンションや庭のない家でもベランダさえあればプランターを使って簡単に菜園ができます。露地栽培と違ってプランターでは量が採れません。でも家庭で食べる分だけでしたらそんなに必要ありません。夕食の食卓に出るくらいがちょうど良いですね。


手間いらず金いらず、しかし簡単な方法で安心な野菜を食べることができます。そしていつも新鮮な野菜を食べることができます。結果として食費が節約できますし夏場の日よけにもなります。毎日野菜を食べられれば健康にも良いですね。


ベランダ菜園はなにしろお金が掛かりません。用意するものはプランターと土と肥料だけです。一度植えてしまえばあとはたまの肥料と水やりだけです。きゅうり、茄子、トマト、インゲン、ピーマンなど毎日少しずつ収穫できます。

 

 安田美佐子  低カロリーお菓子  超音波モーター

重要なのが日当たりです。ベストは、東から南向きで午前中から日が入る場所。季節によっても日の入る角度や日照時間も変化。いつも好条件の所へ、配置換えをするようにします。でも実際は面倒なのでそのままでも大丈夫です。


風通しも大切なことです。風が抜けないと蒸れて害虫の発生や病気の原因になり、風が強くても痛みの原因になります。風が強すぎる場合は、風除け対策も考慮したほうがよいでしょう。


壁や手すり、床の構造も大きな影響を及ぼします。照り返しによる反射熱や雨の当たり方、霜の付き方など。レンガやウッドパネルなどを活用する事でそれらの影響を最小限に抑えることができます。 

 

 矢沢あい  キムタク  ロクシタン

菜園を作ろう

| コメント(0) | トラックバック(0)

[プランター・コンテナのチェック]
ベランダの面積にもよりますが、なるべく広くて深さのあるものを選びましょう。おいしくて病気にならない野菜を作るためには、良い土をたっぷり蓄えられる器が必要です。


[土の購入]
価格差は、品質の差に比例するので、値段の良い土を購入しましょう。市販されている野菜用培養土を購入すれば、酸性度が調整されており肥料も入っているので安心して使うことができます。

良い土の条件は、排水性と保水性のバランスが良い土です。フワフワしていて若干の湿り気があり、握るとフンワリ固まる土。野菜用培養土は、この条件を満たしいます。小粒の赤玉土をベースとして腐葉土、ピートモス、パーライトなども含まれています。


[肥料のチェック]
畑と違い限られた土で育てなければいけないので、養分の補給は大切です。
液体肥料は即効性があります。しかし効き目も早いですが、抜けるのも早いです。固形肥料は手間のかからない肥料です。粉末タイプ、錠剤タイプなど形状はさまざまです。

肥料の選び方としては、オールマイティータイプの野菜用を選びましょう。作物品種別に使い分けるより、便利で実用的です。園芸店で相談してみてください。

 

 出会広場  DAIGO  卒業旅行

水耕栽培

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近人気なのが水耕栽培です。日当たりの良いベランダや室内の窓際で、土を使わず、清潔で、簡単に、楽しく実のなる野菜作りが楽しめます。農薬を使わない新鮮な野菜や果菜の収穫が目の前で楽しめます。


水耕栽培で有名なのが「ホームハイポニカ」です。栽培鉢や液肥までセットになって1万円程度で売られています。


水耕栽培では、土栽培の約1.5~3倍速く成長します。また、長期間栽培できます。間の掛かる土栽培にくらべ、栽培はとても簡単です。成長が早い上に大きく育つので、土栽培の約2~4倍収穫できます。またホームハイポニカは、植物で一番大切な根を最良に保つ装置ですので、病気に対する抵抗力が強く農薬に頼らなくても健康に育ちます。

 

 へアアイロン  マザーズバッグ  営業マン
カテゴリー
更新履歴
ベランダ菜園のメリット(2009年10月30日)
野菜作りのベランダの条件(2009年10月30日)
菜園を作ろう(2009年10月30日)
水耕栽培(2009年10月30日)
カテゴリー
更新履歴
ベランダ菜園のメリット(2009年10月30日)
野菜作りのベランダの条件(2009年10月30日)
菜園を作ろう(2009年10月30日)
水耕栽培(2009年10月30日)